MENU

土日祝日でも即日融資を受けるための2つの方法

キャッシングを利用したい状況は急に訪れるものです。手持ちが無く急な出費の時にはキャッシングを利用して乗り越えましょう。しかし、キャッシングを利用したい状況になるのは平日だけとは限りません。

 

土日や祝日は窓口が開いていませんから土日祝日でも即日キャッシングを利用できる方法 をしっかりと把握しておきましょう。

 

土日祝日でも申し込み可能!


▲アコムの審査申し込みページヘ

 

▲プロミスの審査申し込みページヘ

 

自動契約機を使って即日キャッシング

土日や祝日でも即日キャッシングを利用する方法の1つが自動契約機を設置している業者を利用するというものです。実は自動契約機は無人で人と顔を合わせなくて良いだけでなく土日祝日も営業しています。更に夜9時頃まで営業していますから翌日急に出かける用事が出来てしまった場合にも間に合います。また、自動契約機で契約をするとその場でローンカードを発行してもらうことができます。その場でカードが手に入るため即時ATMで現金を引き出す事が可能になります。

 

この便利な自動契約機では当然申し込みから契約完了まで全ての操作が行えます。しかし、申し込みから審査回答まで30分から1時間程かかるのが当たり前です。これでもかなり早い審査ですが、何もせずに1時間待つのは辛いですよね。そこで便利なのがWEB申し込みを利用した方法です。実はWEBで必要事項を入力するとキャッシングの審査を行ってもらえます。審査の結果が出てから実際の契約は自動契約機を利用するといった方法ができるため待ち時間を短縮する事ができます。

 

自動契約機は土日祝日でも営業していて大変便利ではあるのですが、年中無休とは限りません。一部の自動契約機では年末年始は営業をしていないケースがあります。特にお金が必要になりやすいタイミングですのでしっかり営業日と時間のチェックをして利用しましょう。

 

ネットバンキングサービスを使って即日キャッシング

自動契約機を利用しない方法で即日キャッシングを希望する場合は一部の特殊なサービスを利用する必要があります。業者と提携している口座への入金ならリアルタイムで行ってくれるネットバンキングサービスが存在します。

 

これは振込の申請さえすれば口座へ数秒で振込が行われるもので、土日祝日や営業時間も関係なく利用できます。問題点としては指定された口座を持っている必要があり、持っていない場合は口座開設が必要ですから即日キャッシングの利用ができないということが挙げられます。

 

既に口座を持っている場合はすぐに利用できますから事前に確認しておくと良いでしょう。システムメンテナンス時には数分間利用できない事もありますので、その場合はメンテナンスが終了するまで待ちましょう。こうしたネットバンキングサービスを提供していない場合は振込で土日に即日融資を受ける事は難しいでしょう。もちろん平日の営業時間内であれば振込でも即日キャッシングできます。

 

キャッシング申し込み時には在籍確認がある

キャッシング申し込み時には必ず在籍確認があります。これは本当に申請のあった会社で働いているのかを確認するために必要な事です。主な確認方法としては電話連絡が挙げられます。しかし土日祝日に電話対応している会社は少ないでしょう。その場合は少し違った方法で在籍確認を行います。

 

要するに会社に所属して仕事をしていることが証明できれば問題ありません。ですから、健康保険証や社員証、あるいは給与明細を提示できれば良いわけです。必要な書類は業者によって異なる場合があるので、何が必要になるか確認しましょう。

 

この他レアケースではありますが、仮契約という形をとる業者もあります。在籍確認は後で改めてすることとして他の条件に問題がなければ少額の融資を行ってくれるというものです。急いで借入したい人にとっては嬉しい対応の仕方です。ただ、この方法はあまり対応してくれる業者がいないので期待せずしっかり在籍確認できる書類を用意しましょう。

簡単便利なキャッシングの利用は計画的に

何らかの事情で今すぐにお金が必要になってしまった時などに、頼りになるのはキャッシングです。本人確認書類さえ用意してあれば、最寄りの店舗やインターネット等で簡単に申し込みもできて融資までのスピードもとても早いのが特徴です。

 

キャッシングを利用する理由は人それぞれあります。手持ちのお金が全然なくて、ひとまずその場をしのがなくてはならない時や、急な出費の予定ができてしまって手持ちで足りない分をキャッシングでまかなうといった場合などもあるでしょう。

 

キャッシングは保証人や担保もいらないし、認められた限度額までならば自由に借り入れる事ができます。どのような用途に利用しても、それは利用者の自由とはいえ気をつけたい事もあります。

 

他社の借金の返済に困っている場合

既に他社でキャッシングを利用している人で、限度額いっぱいに借りているためにこれ以上の借り入れもできない状況で、毎回の返済分も用意できない状態になってしまったという時にはどうすればいいでしょうか。消費者金融などの貸金業者の場合、銀行とは違って総量規制があり、収入の3分の1までの融資と決まっています。

 

仮に年収300万円あったとしたら、借り入れ可能なのは何社で借りても合計100万円です。そのような人がまず1社目で50万円借りたとすれば、まだもう50万円は借りる事ができるという事になります。そんな時に2社目の審査を受けて、過去の返済実績や収入に関して問題がなければ審査には通ってしまう可能性があります。

 

もしも2社目での借り入れが、1社目の返済に利用されるようになってしまう状況になると、おそらく現状の生活で借金を返済していく事は難しくなってしまう可能性が高いでしょう。2社で借り入れをしていて、どちらの返済も自分の収入から返済ができているのであればいいのですが、複数社からの借金を抱えてしまうとその他の審査にはその後通りにくくなってしまうでしょう。

 

その場合にはなるべく今ある借金を少しでも減らすようにして、新たな借金を作らない生活を送るように努力する事がとても大事です。多重債務でその先行き詰まってしまうと、返済が滞ってしまいます。自力での返済ができないというのであれば、債務整理を検討する必要があるでしょう。

 

一回延滞したぐらいでは、すぐに利用停止になったり信用情報に記録されたりする事にはなりにくいですが、返済日に間に合わないという事がわかっているのであれば、なるべく早くにその事をキャッシング会社側に連絡をしましょう。キャッシングの返済に困って他社で返済のために借り入れてしまう事を始めてしまうと、もうなかなか借金から抜け出せなくなってしまいます。計画的にキャッシングを利用するのはもちろんですが、普段の生活を収入の範囲でやりくりするように努力する事も大切です。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス

4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム

4.7%〜18.0% 500万円 最短即日
アイフル

4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット

3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン

4.9%〜14.5% 500万円 最短即日