MENU

任意整理後は最低5年間は利用できなくなります

多重債務に陥ってしまい、止むなく任意整理を行った場合、その最後の返済が終わってから最低でも5年間はキャッシングを行うことができません。これは任意整理を行ったという記録が信用機関に残る為です。信用機関には現在、JICC、CIC、KSC(全国銀行個人信用情報センター)の3つがあり、任意整理のような債務整理を行った場合、これらの機関にその情報が記録されます。

 

任意整理の場合、JICCとCICには5年間、KSCには10年間その情報が記録されると言われています。この間はいわゆるブラック扱いとなり、新たにキャッシングで融資を受けることはもちろん、クレジットカードの利用やその他の各種のローンを組むこともできなくなります。(既に抱えている住宅ローンなどは別です)

 

5年後に借り入れを行えるとは限りません

金融機関によって加盟している信用機関が違います。JICCは主に消費者金融系の情報を扱い、CICは信販系(クレジットカード)の情報を扱っています。この両方に加盟している消費者金融は多くありますが、KSCは主に銀行や信用金庫が加盟している機関で、消費者金融で加盟している会社はありません。

 

この為、任意整理の返済が終わった後に5年間経過すると、JICCとCICからはその記録が消去されますが、KSCには残ったままになります。ですので消費者金融からは問題なくキャッシングができるようになる…と思うかも知れませんが、実は信用機関はお互いに情報を交換しています。

 

特にJICCとCICは共に国の指定機関で、利用した金融業者の種類によってタイムラグはありますが、ほとんど同じ情報を所持しています。KSCはこのような情報の交換を常に行っている訳ではありませんが、例えばJICCから提供を求められた場合、その信用情報を公開します。

 

ですのでJICCだけに加盟している消費者金融を利用する場合でも、念の為にKSCに信用情報の提供を求めることがあります。これによって、任意整理を行ってから10年以内の場合は消費者金融でも審査を通らない可能性がある訳です。

 

任意整理の内容によることもあります

任意整理とは、債権者との交渉によって負債総額を減額してもらい(将来の金利の免除も考慮してもらう)、残りの分を決められた返済期間内に返済をするという債務整理です。ですので言ってしまえばその内容は交渉次第になります。

 

この交渉を行うのは依頼をした弁護士や認定司法書士ですが、その担当した人の交渉次第になります。ここで大きな減額が認めれた場合、返済自体は楽になりますが、その内容が信用情報に記録されます。大きな減額になった場合はその影響も大きくなると思ってください。この任意整理によって借りたお金を全ては返済しないことになりますが、当然少しでも多く返済している方がその後の印象が良くなります。

 

上記のように5年以上経過してから消費者金融にキャッシングを申し込む際に、その消費者金融がKSCに情報の提供を求めた場合でも、任意整理の内容によっては少額であれば審査を通過する可能性があります。逆に任意整理でその返済中の金利の免除が許可されたり、かなり有利な条件になった場合は返済が済んでから10年間は一切の新たな借り入れができない可能性があると思ってください。

 

任意整理から5年以内でも借り入れできることがある?

これは任意整理の対象となっていない金融業者と既に契約をしていた場合に限ります。任意整理は債権者ごとに個別に行うものなので、例えばプロミスに対して任意整理を行った場合に同時にアコムを利用していて、そちらに対しては行わない場合、アコムからであれば任意整理後に借り入れを行うことができる可能性があります。

 

任意整理を行ったという情報は信用機関に記録されるので、さすがに任意整理の返済期間中はアコムからの借り入れもできなくなりますが、返済が終わった後であれば自社は対象になっていなかったこともあり、すぐに借り入れが可能になることもあります。ですがこれは今までにアコムでは返済の遅延が全く無かったというような他の有利な要素もあった場合の話で、例外だと思ってください。

 

限度額の縮小なども予想されます

上記のような場合でも、限度額は大きく減額されてしまうと思ってください。普通に考えて利用できる方が不思議な状態なので、これは仕方ありません。これは信用情報からその記録が消えた後でも言えることですが、任意整理を行ったという情報自体は期間が経過すれば信用機関からは消去されます。ですが各金融機関の個別の記録から消去されるとは限りません。

 

例えばもう10年以上経過しているような場合ても、この人は過去に任意整理を行ったことがあると分かった場合、どうしても通常の限度額より減額されることや、場合によっては審査自体を通らないこともあります。この審査については各金融会社に委ねられていますので、どうしようもありません。任意整理を行う前に、このようなデメリットがあることも承知しておきましょう。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日