MENU

最短30分の融資も可能なキャッシング

ここ数年、即日キャッシングが増えてきました。今までは申し込んだその日のうちにお金を借りるということは困難だったわけですが、即日キャッシングの登場によって状況が大きく変わってきています。

 

即日の融資が可能になる、その根底には借り入れの審査がスピーディに進んでいることが大きな理由です。それゆえ、審査の基準は非常にシンプルになりつつありますので、どうすれば素早くキャッシングの審査に通過するかについて解説をしていきます。

 

ほとんどのキャッシング会社が即日サービスを実施

手続きが簡単で、申し込みもしやすいネットの普及や審査の合理化によって、いまではほとんどのキャッシング会社で即日融資を実施しています。即日の良いところは、提出する書類が少なくて済むというところにあります。

 

昔であれば、身分証明書のコピーなどを提出する必要がありましたが、今ではスマートフォンのアプリを使って、写真に撮ってデータを送るだけで大丈夫になってきています。

 

確実に審査に通るために必要なこと

即日キャッシングはスピードが勝負なので、審査の基準も明確です。基本的に年間の給与額がその会社の基準をクリアしているかどうかという部分が重要になります。ここで大切なのが、月の給与額ではなくて、年間の給与額だという点です。つまりは、一年を通じてしっかり会社などに勤めているかどうかが分かることが重要なのです。それを示すためには収入証明書が必要ですが、これは勤めている会社に頼めばすぐに発行してもらえるため、それほど難しくはありません。

 

ネットでも無人契約機でも同じ審査

キャッシングをネット上で申し込みをすると、どうしても現実味がないため審査がどのように行われているかが分からない時があります。無人契約機などでは、物理的に自分が申し込み手続きをしている感覚がありますから、どうしても別の審査が行われているように考えがちです。しかし、実際には同じ企業が母体になっているキャッシングであれば、同じ審査のセンターでジャッジが行われます。ですから、ネットは苦手という方なのであれば、自動契約機を利用すると良いでしょう。

 

時間のない人に最適なネットキャッシング

最近はスマートフォンの登場によってネットが非常に身近なものになりました。いままではパソコンを利用しないと、ネットが閲覧できませんでしたし、ガラケーなどの旧型の携帯では、情報量が少ないためパソコンのような詳細な情報を得るのには不利でした。それが、スマートフォンによって、情報が格段に多く手に入るようになり、キャッシングでも活用されています。特にスマホ完結という言葉が出てくるように、他の手続きを経ずに携帯電話があればすべてのキャッシングの手続きができるようになっています。そのため、移動中にキャッシングの申し込みをしておいて、仕事をした後にお昼休みになったら、キャッシングの融資が可能になっているというような状況が普通に起こっています。審査のスピーディー化というのは、こうした仕事をしていて普段申し込みの窓口に行けない人にとても便利になっているわけです。

 

本人確認の方法のあれこれ

 

在籍確認電話について

キャッシングの申し込みを躊躇する方の理由として、審査で本人確認をされるという点を挙げる人がいます。免許証などの本人確認書類であればそれほどハードルは高くありませんが、会社に勤めているかを調べる在籍確認電話が苦手という人が非常に多いわけです。しかしながら、キャッシング会社としてもネットだけの入力情報でお金の融資を決めるのに躊躇するのも事実ですから、これはキャッシング会社を利用しないと困るかどうかという部分で申し込みをするか判断すると良いでしょう。

 

銀行口座を作っておくと有利

銀行系キャッシングというものがあります。これは母体が街中でよく見かけるメガバンクになっているキャッシングサービスのことです。この場合には少し本人確認の状況が変わってきます。銀行であれば口座を作ることが可能です。そして、銀行口座はある程度本人確認の手続きが行われていますから、小額の融資であれば再度ハードルの高い審査や本人確認をしないところもあります。もちろん、100万円単位でお金を借りたいという場合には、再度融資をするかどうかの審査が行われるのが通例ですが、少しの額であれば本人確認の電話などもなしに融資が受けられるようになります。

 

高い金額を借りたいなら書類や本人確認は必須

確かに手続きで必要な書類が多いと面倒に感じる人は多いでしょう。しかしながら、それだけ多くの書類が必要なのは、高額の融資をしても大丈夫かどうかという判断ですし、融資枠が大きいほど利便性は高まります。そして、金利も融資額が多くなるにしたがって安くなりますから、お得に利用することができるわけです。何社もかけもちをするよりも、1社に絞った方が返済も楽ですから、最初に少し面倒でも書類などを提出しておくと、後からとても便利になります。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日