MENU

在籍確認で質問される内容について

在籍確認できかれる内容は単純に、登録した勤務先に本当にいるかどうかを確認するだけです。それも、まるで刑事ドラマのような聞き方ではなく、取引先との電話のように自然と聞かれるだけです。

 

当然、その他の情報を聞き出す様な真似はしませんので安心してもらって大丈夫です。自分が電話にでなくても大丈夫ですし、もしも自分が電話に出た場合には、「生年月日、住所」を答えるだけで済みます。

 

電話確認の内容は心配するものではない

電話確認の内容は本当に簡素ですので、心配する要素はちっともありません。もちろん、キャッシング会社も配慮してくれているおかげで、金融機関の名前を名乗らなかったり、キャッシング審査のために電話をしていることも一切明かしません。本当に自然に在籍しているかどうかを聞き出してくれますし、オペレーターもプロですので安心してもらって構いません。

 

職場バレを防ぐために、銀行、消費者金融も努力している

職場バレしてしまうのは、利用者にとっても避けたいことですが、どうようにキャッシング会社も避けたいことです。もしもバレてしまえば、利用者は必ずクレームを入れますし、企業の評判もガタ落ちです。それだけはどうしても避けたいので、配慮してくれるのです。申込者ばかりが不利益になるのではなく、キャッシング会社にとっても不利益が生じてしまうため、かなり努力をしてくれているのです。

 

電話が来ない人に電話が来たら怪しまれる

しかし、職場バレをどれだけ防ごうとしてくれていても、どうしてもバレてしまう場合があります。もちろん、キャッシングを過去に利用したことのある人が電話に出てもバレてしまいますが、その方の場合は自分も同じ立場だったことがあるので、自然と対応してくれますが、そのような状況に陥ったことがない、または、知る由もない人が電話に出てしまった場合は違います。

 

特に、電話の来るようなことがあり得ない人、例えばアルバイト店員などに対して、電話が来ればかなり怪しまれます。それでも、在籍の有無を言ってくれればセーフですが、怪しまれた上、きちんと回答をしてもらえなかった場合には、その時点で在籍確認ができなかったとして審査に落ちてしまうことも考えられます。最悪の場合は審査に落ちてしまった上、キャッシングを利用しようとしていたことが職場の人に知られてしまうことになるのです。

 

電話確認を避ける方法はある

消費者金融の場合はモビット・プロミス・アコムならば、書類審査での在籍確認を希望できますし、銀行カードローンでも、中には電話による在籍確認を免除してもらえる制度も存在します。多少希望とは違うこともありますが、その中でも簡単で要望に沿う可能性が高いのはモビットとプロミスです。

 

モビット


実質年率 限度額 スピード 無利息融資
3.0%〜18.0% 1〜800万円 最短30分 なし

 

プロミス


実質年率 限度額 スピード 無利息融資
4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短30分 最大30日間※1

※1 メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

 

モビット・プロミスの場合

この二社の場合は「会社の保険証」「給与明細」などの在籍確認ができる書類を提出する必要があります。これらを提出すれば、電話確認なしの制度を選ぶことが可能です。中にはアルバイトなどで会社の保険証がないと言う方もいらっしゃるかもしれませんが、電話口でその旨を伝えれば考慮してもらえ、場合によってはそれでも許可してもらえることもあります。

 

モビットの場合はさらに「三井住友銀行」か「三菱東京UFJ銀行」の口座を開設する必要があります。もちろん、すでに持っている方ならば、すぐに用意できるので新たに開設する必要はありません。ですが、中にはこれを利用できないという人もいらっしゃるでしょう。

 

そのような場合にはモビットの利用をあきらめて、プロミスの方を利用するようにしましょう。もちろん、利用者によっては在籍確認の電話がどうしても必要になることもありますので、そのような場合には諦めて電話確認を受けるようにしましょう。

 

アコムは手続きなしで、限度額は10万円以下なら利用できる

アコムの場合、職場が休みなどで在籍確認に失敗してしまったときには、限度額10万円以下にはなりますが融資してもらえるようになります。

 

その後、再び在籍確認があったとき、無事確認を取ることができたら、限度額を通常に引き上げてもらえるという制度を採用しています。無難に電話確認を回避することができるのはアコムですが、当然難点も存在します。

 

在籍確認は避けられない

在籍確認を避けられる、というのはただ単に後日に後回しされるというだけで、通常利用するためならば、電話確認は避けては通れないのです。

 

また、通常利用をしなくてもいいと思っていても、業者側が確認を停止することはないので、電話確認自体を完全になくしてしまうということは不可能です。ですので、もしも完全になくしてもらいたいのであれば、おとなしくモビット、プロミスの方を利用するようにしましょう。

 

銀行カードローンの場合

銀行カードローンは基本的に電話による在籍確認は必須条項として挙げられます。しかし、中には不要になる場合もあります。

 

楽天銀行スーパーローンを利用する

楽天銀行スーパーローンならば、限度額30万円以下の少額融資に限りますが、電話による在籍確認が無くなると言う情報があります。しかし、これはあくまで噂レベルです。

 

三菱東京UFJ銀行のテレビ窓口

こちらは、テレビ窓口を職場が休みの日、または終業したのちに申し込みをすれば、在籍確認ができなかったとして在籍確認が免除される、という実例があります。これらは両方とも、体験談や口コミが主な情報源ですので、絶対というわけではありませんが、可能性としては高いので試してみる価値はあります。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


4.7%〜18.0% 500万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日