MENU

正直に申告しましょう。

キャッシングを申し込む際に、他社での借り入れがあると審査に時間がかかるかもしれません。キャッシング会社では、年収の3分の1までしか借り入れができないからです。申し込み欄にも、他社借りれの有無を申告する欄がありますので、避けて通ることができません。

 

他社借り入れでスコアリングが高くなる?

キャッシング会社では、審査をスピード化するたに年収や職業などをそれぞれ数値かしています。合計点数が高いほど、属性の高い優良顧客と判断されるのです。他社での借り入れがある場合ですが、例えば住宅ローンなどを組んでいる場合だと総量規制の対象外となりますので、審査には影響しません。

 

むしろ、住宅ローンのような高額のローンを組める程の信用があり、ローンを返済していく収入がある人物と判断されます。住宅ローンの返済状況が、滞納ばかり繰り返している場合は、心証が悪くなりますが、概ね属性が高いと評価されます。

 

他社借り入れが3件以下でも審査に落ちる場合も

やはり、年収の3分の1を超えそうな場合は、審査に通過しにくくなります。他社借り入れ件数が2件以下で、借り入れ額が年収の3分1を超えていなければ、審査に通過する可能性が高くなります。特に目立った返済遅延や滞納をしていなければ、ダメ元で申し込んでみても良いでしょう。

 

限度額は低くなります

現在他社で借り入れがある方がキャッシングをする場合の限度額は、総量規制よって融資可能額はどうしても少なくなります。それから、他社での借り入れ状況について審査を通過したいからといって、嘘の申告をしても無駄です。嘘を付いても、信用情報機関を通して、他社での借り入れ状況を調べられてしまいます。それに、嘘を付いたことがバレたら、その時点で審査に落ちてしまいます。

 

返済能力が重要です

年収が低くても、実家住まいで家賃の支払いが必要ない方や、年収が低くても勤続年収が長い方は、信頼されやすく審査に通りやすいです。また、非正規社員でも一度も返済遅延や滞納をしたことがなければ、2社程度であればキャッシングの利用は可能です。

 

審査に通りたければ、他社借り入れを完済するか、1社でも借入先を減らすことです。貸す側としては、何のために借り入れをするのか?返済能力があるのか?と、どうしても不審に思わざるを得ないので、少しでも心証をよくする努力をしてから申し込みましょう。

 

返済能力ってどんな能力?

返済能力は、高い年収であることの他に、持ち家などの資産の有無や、家族構成、過去の返済実績のことを指します。居住年数が長いということは、それだけトラブルなく家賃を払っていると見てもらうことができます。

 

また、金融機関では、住宅ローンの審査を行う場合、前年の税込年収をもとにして審査をしています。融資限度額も税込年収を基に計算します。融資が可能となっても、実際に返済能力があるのか冷静に考えなくては、ローンに苦しむ結果となることをよく考えなければいけません。

 

短期よりも長期そしてブラックよりもホワイト

消費者金融業者は、金利で収益をだしています。そのため、細く長く長期間に渡って借り入れ・返済を繰り返してくれる人を優良顧客とみなしています。一気に完済する顧客よりも、毎月少額の返済をしてくれる方が、金利手数料が入るからです。

 

そして、当然のことですが、信用情報機関に事故情報が登録されているブラック顧客よりも、無傷のホワイト顧客の方が信用度が大幅に高くなります。しかし、30代以上の方で、信用情報に何も履歴が無い場合も、社会的信用や責任を負ったことのない人物と見られて、審査に落ちてしまうことがあるようです。一度もクレジットカードを作ったことがない方は、クレジットカードを作成して、返済実績を作ってからキャッシングに申し込むと良いでしょう。

 

審査に落ちてしまったら

審査基準は、各キャッシング会社によって少しづつ基準がことなります。審査に落ちてしまっても、落ち込まないで他社のキャッシング会社に申し込んでみましょう。しかし、短期間に複数社に申し込みをすると多重申し込みとして、信用情報機関に半年間登録されてしまいますので、気を付けましょう。

 

信用情報機関に審査に不利になる情報が登録されているかどうか心配な方は、有料となりますが、各信用情報機関に自分の情報を開示請求することができます。重大な事故情報だと、5年から10年登録され続けて、その間のキャッシング申し込みができませんので覚えておきましょう。

 

また、すでに銀行口座を開設済の銀行であれば、比較的審査に通りやすく、低金利で借り入れができるという可能性もあります。それに、銀行は総量規制対象外となっていますし、おまとめローンで借り入れを1本化することもできます。銀行は、審査が厳しいと言われていますが、最近では審査が早く、在籍確認不要で申し込みすることができる銀行カードローンが増えていますよ。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日